む~ン。

 いつものバス停にて――


「肉on肉&海鮮丼?」

 月夜はグルメ系アプリの中にあった、カルビが敷き詰められた上にハンバ~グが『デンっ!』とのった丼物の画像を見ながら、


「いいじゃないっ! なんてステキな丼っ!!」

 月夜はその画像に瞳を輝かせ、ヨダレ垂らす。


「どんぶりグランプリに出された一品なんだ~……牛丼でなかったのかな~? そっか! 牛丼は牛丼一本でやってんだっ! 牛丼コンテストとかありそうだよね~」

 月夜がそんな架空のイベントを妄想している隣では、


「ジンコ~のツキをつくりだすっ!?」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「チュ~ゴクのあるトシでマチをあかるくするため、ガイト~じゃなくってツキをつくってウエからてらそ~といったケ~カクがシンコ~チュ~……フツ~にガイト~つくったほ~がはやいのにツキつくちゃうのかぁ~……」

 夜空に浮かぶ煌々とした満月をイメ~ジしながら、


「うちあげられたジンコ~ツキはエネルギ~をつかうコトなくタイヨ~のヒカリをリヨ~して、ハンシャするコトによってひかる。ホンモノノのツキとおなじゲンリなんだね! でもそ~すると……」

 イブキが深刻な表情をする。


「なんか問題でもあるの?」

 横でみていた月夜がそう聞いてくる。


「う~みゅ……1700マンゼノをこえるとサイヤじんがオ~ザルになってしまう……」


「なんの心配をしてんの? アンタは」

 呆れ顔でそう返す月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます