しょゆ~りツ。

 いつものバス停にて――


「ふ~みゅ……タニタが――」


「バ~チャロンのツインスティックかいはつにふたたびチョ~センかぁ~……」

 イブキがゲ~ム系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「クラウドファンディングではんにちもたたずにモクヒョ~キンガクと~たつ! さすがのニンキだねっ!! PS4よ~のツインスティックこんどこそカンセ~してほし~な~」

 イブキが二本のスティックを華麗に操作する様を思い描きながら、


「しかも、しかも――」

 イブキは輝いていた瞳をさらにキランキランにしながら、


「バ~チャロン3サクヒンがPS4にイショクもきまったし! これはツギもあるかな~? コラボじゃないインデックスじゃない。とあるバ~チャロンじゃないバ~チャロンあるかな~?」

 イブキがそんな事を言っている隣では、


「たこ焼き焼き機が自宅にあるかどうかを調べたアンケ~ト?」

 月夜がそんなアンケ~ト記事を読んでいた。


「関西では八割のトコがもってんだっ!? つづいて九州で七割……すっごいわね。あんなつかいどこ限られる物をみんな持ってんのね」

 感心したような声を洩らす。


「牛丼製造機なら十割の家庭にあるのに、やるじゃないタコヤキ」


「そんなキブツはじめてミミにしましたけど……」

 自信満々で言い切る月夜の隣でそんな事をいうイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます