とんねル。

 いつものバス停にて――


「倍バ~グかぁ~」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「夕方やディナ~タイムにプラス一五〇円でハンバ~グを二倍にできるキャンペ~ンね~……ステ~キはできないのかしら? そしたら倍と言わずに一〇倍でもありかもしんないのに~」

 月夜が二枚のハンバ~グが映った画像を見ながら、


「会計時にアプリを見せると、二〇組に一組無料になるっ!? 割といい確率よね~」

 月夜がそんな事を言ってる隣では、


「ズガイコツとノ~のあいだにチョクツ~のトンエルのようなものがあると、ハ~バ~ドだいがくのケンキュ~ち~むがハッケンするっ!!」

 イブキそんな記事を読んでいた。


「そんな……でも、そ~すると……」

 イブキはなにやたブツブツいった後に、


「そのせ~でイブキさんはアタマに『ビビっ!』とくるとゲ~ムをやめられなくなるのかっ!」

 イブキが合点がいったといった様子で、


「自分が欲望に忠実なのを人間の構造のせいみたいに言わないでよ」


「え~! 月夜だってギュ~ドンやさんみたらチョトツモ~シンするクセにっ!」


「牛丼を我慢できる人間なんて存在しないのよっ!」

 全力で牛丼教を盲信――狂信している月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます