さ~びス。

 いつものバス停にて――


「ファミコンのゲ~ムはさいだい40KBしかないっ!?」

 イブキがゲ~ム系ニュ~スの中にあった、そんな記事に驚いていた。


「40KBっていったらMP3のオトデ~タで2ビョ~ぐらいじゃんっ!? そんなすくないデ~タりょ~であんなカンド~やたのしみやわらいやクジョ~をエンシュツできんなんて――むかしゲ~ムクリエイタ~はやっぱしすごいな~」

 そんな事に感心しながら続きを読み進める。


「40KBなんて30プンぐらいでつくれそ~なキがするけど、やっぱしタイヘンなんだろ~な~……」

 そう言いながら、様々な名作ゲ~ムを思い起こす。


「Ⅲなんてオ~プニングけずったってはなしだもんね」

 そんな風に名作を振り返っているイブキの隣では、


「コンビニで買い物したら、レジ終了後に琥珀色の飲み物を渡された?」

 月夜がTwitterで話題のそんな記事を読んでいた。


「なにかしら? 店員さんなら変な物は渡さないと思うケド……」

 そんな事を言いながら、続きを読み進める。


「『ないこれ?』と尋ねたトコロ、オデンの汁と言われた」


「このあっついのになにそのバツゲ~ム!」

 隣のイブキがそう言い放つ。


「そう? ウチはいいと思うケド……」


「えっ! まだケッコ~あっついのにアツアツのオデンのシルのむの?」

 オデン汁サ~ビスに肯定的な月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます