てくのろジ~。

 いつものバス停にて――


「テニスコ~トないのボ~ルをカイシュ~するたまひろいロボ。14マンカイおりまげてもダンセンしないライトニングケ~ブル。ハヤブサⅡがリュ~グ~にチャクチせ~こ~。コップにあてるだけでのめるかどうかハンベツしてくれるキカイ――」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にある見出しを読み上げていく。


「なんか浮かない顔ね」

 イブキの様子にそう言う月夜。


「う~みゅ……ニュ~スとかではこんなにすっごいコトばっかしながれてんのにイブキさんのまわりではなんもヘンカないなぁ~……って」

 イブキが周囲を見渡して、そんな事を洩らす。


「ニュ~スとかには最先端技術でしょ? 一般の人が利用可能になるには時間がかかるんじゃないの?」


「でも、そろそろキョ~シツぜんぶエアコンかんびしてもいいじゃない?」

 イブキは手で顔を扇ぎ、風を作りながら、


「そ~ね。確かにそれは完備してほし~わね」

 月夜も暑さに辟易しながら、同意する。


「テクノロジ~はみんなのためにあんだから、ガクセ~ひとりひとりにツ~ガクよ~ドロ~ンとネットでジュギョ~うけられるカンキョ~ぐらいはつくってほし~よね~?」


「いや。それは甘えすぎ!」

 イブキの要望にピシャリとそう言い切る月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます