こんびニ。

 いつものバス停にて――


「最近、やっと涼しくなってきたわね~……それでも三〇℃こえてるケド……」

 月夜は今年、愛用した強い日差し除けのタオルを頭から除けて、


「ちょっと風が吹いて、三、四℃下がっただけで涼しく感じるるんだもん。先週とかは、よほど暑かったのね~」

 そんな事を洩らしながらスポ~ツタオルをカバンにしまいスマホのグルメ系アプリを起動する。


「こう涼しいと中華まんよね~。どのコンビニも始めてるし、新メニュ~を追加してくるトコもあるわね~。グリ~ンカレ~マンか~ココナッツミルクと青唐辛子の味がきめて、これは食べてみないとねっ!」

 月夜がそんな事を言っている隣では、


「ジブンだけのコンビニをケ~エ~できる。コンビニシュミレ~ション『マイコンビニ』。スマホゲ~ムだし、ヒマつぶしにつかえるかな~?」


「アンタがオ~ナ~じゃコ~ラとポテチが充実した店になりそ~よね~」

 月夜がそういって口を挟んでくる。


「月夜がオ~ナ~ならニクけ~のベント~とチュ~カマンがいっぱいのおみせになりそ~だよね~」

 そう反撃するイブキ。


「アンタだったらゲ~ムとか置きそうよね」


「う~ん……ザンネンながらむかしむかしうってたコトあんだよね~」


「えっ! そ~なのっ!?」


「ダイシッパイだったけどね~……」

 そう言いながらコンビニの店頭に置かれたTVを思い出すイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます