ざつだン。

いつものバス停にて――


「たまごバ〜ガ〜か〜」

イブキが愛用の大型スマホを落とさない様に両手で持ちながら、ファ〜ストフ〜ド店の新メニュ〜を見ていた。


「タマゴ焼きバ〜ガ〜よ」

変な風に省略したイブキに正しい商品名を言う月夜。


「でもウチは絶対認めないっ!」


「え〜……わりとおいしそ〜だよ」

スマホ画面に商品の画像を映しながら、


「だって、バ〜ガ〜ってついてるに肉がはいってないのよっ! パテなしなんてバ〜ガ〜の名前をつけちゃダメよっ‼︎」


「ま〜ま〜。エブリバ〜ガ〜だってニクはいってないじゃん」


「お菓子でしょ? 元々ハンバ〜ガ〜じゃないし」


「そうだ! おなじやつでキリカブのやつあるじゃん?」


「あ〜……むかし食べてたよ〜な〜?」


「あれってサクサクしてておいし〜よね〜。イブキさんエルレカでアビスかりながらあれたべてんのがサイキンのたのしみ」


「へぇ〜……」

軽く流す月夜。


「おなじやつで、チョコのあんぱんのやつもあるよね?」


「あるわね」


「コ〜シキせって〜ではキリカブのおじさんがきったキでアンパンやいてんだって」


「へぇ〜……って、なんの話ししてたんだっけ?」


「ん? タマゴバ〜ガ〜おいし〜って」


「タマゴ焼き焼きバ〜ガ〜ね。ウチはあれをハンバ〜ガ〜とは――」

バスがくるまでル〜プする会話だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます