ふりすビ~。

 いつものバス停にて――


「すき家のフリスビ~丼……」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「ウチもたまに食べるわ。あのカッチカッチの思わず投げたくなるようなトロ? ネギトロ? なんて言うんだろ? マグロのアレ。あれに醤油をかけながら小さいプラスチックのスプ~ン? レンゲなのかな? すき家ってよくわかんない物ばっかしね。あれで御飯と混ぜるのよね~」

 月夜がそんなマグロたたき丼の事を洩らす。


「あれがメニュ~に書かれたサンプル画像に近づく? いやいや店員さん大変になるし――ウチみたいな食べ方すれば今でも十分、画像に近くになるわ」

 そんな事を言いながら、下へとスクロ~ルさせ記事を読み進める。


「メニュ~のほうがフリスビ~丼になったっ!?」

 月夜が表示された画像を見るなり、そんな声を上げる。


「さっすが! まさか店員さんのマニュアルを変えると思わせて、メニュ~のサンプル画像のほうを店員さんがつくったフリスビ~丼に寄せてくるなんて……!?」


「セガみたいなハッソ~だね! イブキさんそ~ゆ~ハッソ~すきだよ」

 月夜の声を聞いていた、イブキがそんな事をいうのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます