くいズ。

 いつものバス停にて――


「半端ないチ~ズ量かぁ~」

 月夜が昨日に続いて今日も違うピザ屋の商品を見ながら、


「ピザ・ガッツ――半端ないチ~ズ感の三層チ~ズっ!?」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、ピザの画像を見ながら、


「三層とゆ~のはモッツァレラ、チェダ~、ゴ~ダの事、さらにピザの端――耳部分にもタップリとチ~ズがはいてるっ!! いいじゃないっ!! 耳にまではいってるってコトはどこを食べてもチ~ズがはいってんのよねっ!!」

 月夜はデッカイピザに『ハム』と齧りついて、『みよぃ~ん』と伸びるチ~ズを想像する。


「良さそうね~……」

 ウットリとした表情でそんな事を言う月夜の隣では、


「ファミコンクイズ?」

 ゲ~ム系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「ファミコンの2Pにあいてるこまきアナはなんのキノ~? ちなみにジュ~ダイのカイト~はホ~ネツ? ふふん♪ レベルのひくいボ~ヤだコト」

 イブキが全くキャラに合わないそんな事を言いながら、


「あれはマイクだよ! チョ~センジョ~じゃアレつかわないとクリアできないし、ドラミちゃ~んとかさけぶのがユ~メ~だよね! クリアふの~といわれた3ダイゲ~ム、そんなん『コンボイ』『むら』『スペランカ~』でしょ!」

 次々、正解していくイブキ。


「↑↑↓↓←→←→BA」


「なにその呪文?」



「ふふん♪ オプション、バリアつきなるか、バクハツしたりするコマンドだよ」


「へぇ~……」

 興味なさそうな声を洩らす月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます