はくしュ。

 いつものバス停にて――


「高知で食べた味噌カツラ~メンがおいし~」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「ミソラ~メン?」

 呟きを聞きとめたブキが聞き返してくる。


「違うわよ。味噌・カツ・ラ~メン。味噌ラ~メンの中に豚カツがはいってるの」


「へェ~……カレ~コロッケカレ~ライスみたいなモノかぁ~」


「そっちこそ、なんなの?」


「え~! カレ~コロッケがのったカレ~だよ」

 イブキはマヌケな表情をしたロボットが写ったスマホ画面を左右に振りながら、


「あと、その画面のやつなに?」

 月夜がイブキのスマホ画面を指しながら、


「これはね~」

 イブキはスマホ画面の珍妙なロボットを指しながら、


「リアルなハクシュがウリのロボットだよ」


「……そんなの何につかうのよ」

 月夜が呆れ顔で聞いてくる。


「ゲ~ムでかみプレ~をしてもヒトリだとさびしい~からね~。このロボがハクシュしてくれたらちょっとはかわるかな~って」


「そんな事しても余計寂しく感じるだけじゃないの?」


「うん。そ~かも?」

 そういって拍手ロボの画像を見るイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます