まっちょけ~ス。

 いつものバス停にて――


「三種のとろ~りチ~ズ丼をさらにおいしく仕上げる方法?」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「オ~ダ~したら店員さんに――これってお店にはいったら無条件で出てくる牛丼食べた後の話しよね?」

 もはや牛丼屋の店員さんに習性を把握されている月夜。


「チ~ズはゴハンと肉の間に盛り付けてくださいって言えば、ゴハンと肉で温められたチ~ズがトロットロになり肉の旨味とツユを吸ったチ~ズがゴハンに絡め最高の――じゅるり、最高の味わいになるっ!」

 月夜が「天才だわっ!」と一人称賛している隣では、


「スマホケ~スかぁ~……」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にある、様々な技術が織り込まれたスマホケ~スを見ていた。


「きそたいしゃアップにサイテキ! おもさジュキロもあるスマホケ~スかぁ~……」

 イブキがハイテク(?)なスマホケ~スの画像を見ながら、


「なにそれ? 鉄アレイにスマホつけるトコつけただけのヘンナモノ」

 画像を見た月夜がそんな身もふたもない事を言う。


「ふふん♪ イッケンそ~みえるけど……」


「一見も何も他に見ようがないと思うケド……」


「これはウデをきたえるコトでムネをおっきするユメのスマホケ~スなんだよっ!」


「腕鍛えても胸はおっきくなんないわよ」

 自身の大きな胸を揺らしながら、数百キロはありそうなバス停を弄ぶ月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます