はネ。

 いつものバス停にて――


「アマゾンで王将の餃子一五〇個が四五〇〇円かぁ~」

 月夜が餃子を渦巻き状に盛り付けた皿の画像を見ながら、


「二九〇〇円でチャ~ハン二〇袋――」

 スマホ画面を下へとスクロ~ルさせながらお得なオススメ商品を見ていく月夜。


「低反発マクラにミシン、防水スマ~トウォッチ、う~ん……他にはダイエットマシ~ンにクッキング温度計にスマホ用のセルカレンズ、透明ソフトケ~スに空飛ぶスマホケ~ス――」

 月夜が興味なさそうに商品名を読み上げていく――


「んっ!?」

 それを隣で聞いていたイブキが反応する。


「そらとぶスマホケ~ス?」

 月夜の言葉に青空をフヨフヨ浮くスマホケ~スをイメ~ジする。


「ね~ね~月夜~。そらとぶスマホケ~スってどんなん?」

 そう言いながら月夜の服をひっぱる


「空飛ぶ?」


「さっき月夜がいてったよっ! ちょっとかして」

 月夜のスマホを操作するイブキ。


「あった。これだっ! なになにセンサ~がラッカをカンチするとハネがでてドロ~ンになるスマホケ~スっ!?」


「そんなのあるのっ!?」


「まだクラウドファンディングだって、おとしてもジメンにラッカしないスマホケ~ス」


「でも、アンタのその鉄アレイスマホケ~スつけてたら飛ばないんじゃない?」

 月夜は豊胸のためにつけている十キロの重りがついたスマホケ~スを指しながら、そういうのだった。


これは『小説家になろう』にて60件目のブックマ~ク登録更新を記念して執筆されたものです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます