はロ。

いつものバス停にて――


「いまなら感謝祭でピザが五〇パ〜セントオフっ⁉︎」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「しかも今なら注文者全員に感謝祭が終わっても使える半額ク〜ポンをプレゼントっ⁉︎ 実質二枚頼めば一枚タダっ⁉︎ つまり実質タダっ⁉︎」

月夜が『ど〜してそ〜なった?』理論を展開している隣では、


「あのガン○ムのマスコットロボがAIをト〜サイしてト〜ジョ〜っ!」

イブキがテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「コミュニュケ〜ションきの〜はもちろんのコト、テアシをだしたり、サユ〜にゆれたり、メやクチのライトでカンジョ〜をヒョ〜ゲンできるか〜……ハロドリルやハロ・ビットはないのかな〜?」

イブキがジ〜ジネェ脳でそんな事を言う。


「ザンネンながらうごいたり、ハネたりはできない。それでもジュ〜ブンなきがする14マンエンもするけど……」

薄緑色の玉の画像と下に表示されている価格を見ながら、


「でも、これなら月夜にもなついてくれるかもよ」

そういって画像が映るスマホ画面を見せる。


「……ウチはもっと可愛い犬とか猫型のがいい」


「まさかの月夜がわのNGっ⁉︎」

そういって驚くイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます