こ~ホ。

いつものバス停にて――


「6ガツ13ニチにニンテンド~がジュ~ダイハッピョ~っ!?」

 イブキがゲ~ム系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「なんだろ~? う~みゅ……ニュ~ハ~ドにははやいよ~な~? そ~いえば、スイッチはケ~タイキとすみわけられるからべつにケ~タイキをカイハツしてるとかなんとかいってたなぁ~……そえかな~? スリ~ディ~エスおわっちゃうのかな~?」

 イブキがそんな事を言っている隣では、


「治験のアルバイトか~……」

 月夜が求人アプリを見ていた。


「わりと給料いいのよね~。本とかゲ~ムが大量に用意されている――ただし外には出られない」


「いいカンキョ~じゃん!」

 月夜の言葉にそう口を挟んでくるイブキ。


「え~! 退屈そうじゃないっ!!」


「ゲ~ムできんならタイクツしないよっ!」


「ウチそんなにやんないしな~」


「しかも、ガイシュツできないけど、かってきてくれるみたいだし」


「おっ! じゃ、牛丼いいのかしら?」


「たべものはダメじゃない?」


「そっか~。じゃ、三食の牛丼だけか~」


「ビョ~インでギュ~ドンはでないんじゃない」


「えっ!? 二週間も牛丼たべらんないのっ!?」


「そうだよ」


「無理っ! ウチには無理っ!!」

 そういってアルバイト候補から外す月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます