うるとラ。

 いつものバス停にて――


「ふ~みゅ……あの6と6プラス――じつはまがりやすいっとアップルはしっていた」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「たしかコ~シキコメントではケ~ジョ~がデッカくなったからまがりやすくなっただけでキョ~ドてきにはジュ~ライとおなじでモンダイない! とかいってたようなきがする」

 イブキが記憶を探りながら、当時の事を思い出す。


「それがユ~ザ~がケンショ~したらやっぱしまがりやすいよっ! ってワダイになってそのまま――いまになってシャナイテストでじつはまがりやすいtってしってたってコトかぁ~……ふ~みゅ……」

 イブキは当時の事を思い起こす――月夜に曲げられたり、月夜に投げられて曲げられたり、月夜がイジって曲がったり――


「ぜんぶ月夜がまげてんじゃんっ!?」

 イブキがそんな声を上げる隣では、


「四月にでて人気だったウルトラ盛りが再販か~」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「あの完食できなっていわれるほどのボリュ~ム感が売りのピザが復活っ! いいわね! カスタマセンタ~や本社に復活しないの? って電話したかいがあったわっ!!」

 握り拳でそんな事をいう月夜。


「ちょっと月夜! 月夜がおもしろがってまげたんだからねっ!!」


「へぇ~……ウルトラ盛りミルフィ~ユもでるんだ~」

 イブキの抗議を聞こえないフリをしてやり過ごす月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます