かりかリ。

いつものバス停にて――


「キノ〜でたゲ〜ムのうりあげランキングでパワプロがワンツ〜きめるぁ〜……」

イブキがゲ〜ム系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「ゴットオブウォ〜やカ〜ヴィ〜さがちゃったな〜……しんさくはスパイダ〜マンきになるな〜。forestのVRもきになるし〜」

イブキがそんな事をいっている隣では、


一〇〇円であなたの愛犬に最高級のドッグフ〜ドを? へぇ〜……ドッグフ〜ドのモニタ〜募集か〜」

月夜がそんな記事を読んでいた。


「月夜、月夜っ⁉︎ それイヌのエサだよっ! ワンワンのカリカリ、う〜みゅ……なんていったらつ〜じんのかな〜?」

イブキはまるで未開の原人相手に意思疎通を試すようなやり方で人間の食べ物じゃない事を伝えようとする。


「わかってるわよっ! なんなのよその扱いわっ‼︎」

月夜がされた待遇の扱いに抗議する。


「ただ、ウチも犬とか飼ったら栄養とかにきをつけて長生きさせてあげないとな〜って……」


「ダイジョブ、ダイジョブ。と〜ぶん、そのキカイはないから、イブキさんはイッショ〜そんなキカイないとおもってるけど」

キッパリとそう言い切るイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます