しゃ~べっト。

 いつものバス停にて――


「チ~ズチキン南蛮天丼?」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「もうなに天丼かわからないわね~……チ~ズチキン……」

 月夜の脳内に穴の開いたアニメチ~ズを抱いたニワトリがアブラの中にドボンする光景をイメ~ジする。


「南蛮はど~すればいいんだろ? カレ~南蛮とかあるしスパイスの一種なのかな?」

 月夜はカラっとサクサクに揚がったチ~ズを抱いたニワトリのうえになにやら粉を振りかけるのをイメ~ジする。


「こんな感じかしら?」

 月夜がそんな感じの丼モノを想像している隣では、


「ふふん♪ こんなあっついヒのために――」

 イブキはコンビニの袋から何かを取り出すトコロだった。


「コ~ラ・フロ~ズンっ!」

 パウチを取り出し、フタを開けると、


「ん~ん~!」

 思いっきり吸い込む!


「はぁはぁはぁ……なにこれ? バナナうてそ~」

 おそらく『バナナで釘が打てそうなほどガチガチに凍ってる』という意味だろうが、


「シャ~ベッドじゃないじゃん! ぜんぜんのめないよっ!!」

 悔しそうにパウチを振るイブキに、


「ほら、ここんトコに一〇分か一五分時間置いてね。って書いてあるわよ」

 月夜が側面の注意書きを指しながら、


「え~! すぐのみたいのに~……そっだ! 月夜とかしてよ~」


「溶かしてって言われても……」

 ガチガチに凍ったパウチを見ながら困る月夜。


「ビ~ムてきなモノとかクチからヒふくとか!」


「アンタ。ウチをなんだと思ってんのっ!?」

 イブキの期待にそう返す月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます