せ~じン。

 いつものバス停にて――


「ランチパックのおいし~食べ方か~」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「サラダ油に浸して、表面をカリカリに焼くだけ――へぇ~~ホントに良さそうじゃない」

 月夜はこんがりキツネ色に焼きあがった四角パンの画像を見ながら、


「味はなんでみおいし~ケド、カレ~がお勧めか~。やってみよ~かしら?」

 月夜がそんな事を言っている隣では、


「サクラのシンサクがケッテ~っ!?」

 イブキがゲ~ム系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んで歓喜していた。


「あのワフ~でありながら、スチ~ムパンクなせかいがフッカツすんだ~。イブキさんワクワクっすぞっ!」

 瞳を輝かせながら、先を読み進める。


「なんのハ~ドででるのかな? ハッピョ~したばっかしのあたらし~ハ~ドとかでだすのかな?」


「サタ~ンでやったときのショ~ゲキをもうイッカイあじわいたいな~。あのときサタ~ンにノ~テンちょくげきされたヒトはそのショ~ゲキでハゲちゃったヒトがお~いみたいだけど……」

 イブキは頭を押さえながら、


「そんな事起きるワケないでしょ?」


「月夜はサタ~ンせ~じんをしらないからだよ、あのスキンヘッドでのびたアタマのサタ~ンせ~じんをみたら、ノ~テンちょくげきのイミがわかるよ」

 そういってスマホ画面を見せるイブキ。


「身長は高そうね」

 その画像を見て、そう評す月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます