しゅんさツ。

いつものバス停にて――


「メガドラふっかつかぁ〜……」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「でも、セガのコトだからどっかでわらいとゆ〜か、オチとゆ〜か、なんかやるよね? シュ〜ロクソフトがソニックのみとかぷよぷよのみとか、あのケッテ〜ダにかけるセガらしさをケイショ〜してほし〜」

そんな妙な期待をしているイブキは下記の関連項目に、


「メガドラふっかつにサタ〜ンとドリキャスのふっかつをのぞむコエ? ドリキャスはゲンエキなのになにいってんだろ? でもノ〜テンちょくげきのセガサタ〜ンはふっかつしてほし〜な〜。またブル〜ディスティニ〜でジオンをあいてにムソ〜したいっ!」

イブキが蒼いジムを思い起こしている隣では、


「…………」

 月夜が口から白いモヤを出しながらバス停に引っかかっていた。


「どしたの月夜?」

 ただならぬ様子にそう声をかけるイブキ。


『あのね。一二時にビックマックソ~ス売り出されるから、ずっとパソコンの前で待ってたの』

 意外にハスキ~な声で答えたのは月夜が口から出している白いモヤだ。


『五分前からF5キ~連打しても……連打しても連打しても……』

 あとは壊れたオ~デォオ機器のようにその言葉を繰り返すだけだった。


「そっか、そっか。まっ、ニンキのしょ~ひんじゃシカタないよね」

 ポンとバス停に寄りかかる月夜の肩に触ると、そこからヒビが入り次の瞬間には真っ白な灰となって崩れ去る!


「そ、そこまでショックなのっ!?」

 灰は春の強風に攫われ学校の方へと向かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます