ふぇス。

いつものバス停にて――


「も〜すぐゴ〜ルデンウィ〜クかぁ〜……」

月夜がそんな声を洩らしながらスマホをいじっていた。


「肉フェスとかないかな〜?」

そんな事を言いながら、グルメ系アプリを見ていると、


「裏メニュ〜――キング牛丼? あっこの最大サイズってメガじゃないんだっ⁉︎」

某牛丼チェ〜ンのメニュ〜にのっていない品というタイトルの記事に興味をもった月夜。


「並盛りのご飯三倍で肉は――六倍っ⁉︎ いいじゃないっ! 今度、食べてみよっと」

月夜がそんな事を言っている隣では、


「セガフェスっ⁉︎」

イブキがそんな声をあげた。


「ドリキャスとメガドラのホンタイとシュ~ヘンききがイチド~にシュ~ケツっ! おぉ!! ドリキャスのツインスティックうってくんないかな~?」

 イブキがすぐ壊れる事で有名な周辺機器の口にしながら、先を読み進める。


「きょだいUFOキャッチャ~? なんだろこれ??」

 イブキが首を傾げる。


「しかもデイトナやバ~チャⅡのキョ~タイまであんだっ!」


「ねね。月夜、月夜これいこ~よっ! ぷよぷよワタアメあるよっ!!」

 スライムのようなワタアメの画像を見せ釣ろうとするイブキ。


「え~……ウチ興味ないもん……」


「いやいや。月夜には、このデッカイクレ~ンでつりさげられてもらうだけでいいから」

 そういいながら巨大UFOキャッチャ~のア~ム部分――クレ~ンに腹這いで吊り下げられている人の画像を見せる。


「もっとイヤよっ!」


「でもケ~ヒンとりほ~だいよっ! イブキさんがクレ~ンそ~さするし、月夜のバカぢからならなんでもとれるよっ!」


「う~……」


「ほら、ソニックやプヨのヌイグルミあるよ」

 そういってスライムや青いネズミの画像を見せる。


「いや、別にいらない」

 画像を見るなり迷っていた心が行かない方に振り切れた月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます