め〜げン。

いつものバス停にて――


「どん兵衛に全のせが登場っ⁉︎」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事に喜びの声を上げた。


「定番の揚げにサクサク天ぷら、ジュ〜シ〜牛肉? ウチ、うどんには鴨肉派なんだケドな〜……でも、全のせはいいっ‼︎ やっぱり、まずは量よね」

月夜がそんな事を言っている隣では、


「プレステ5のくわし〜スペックっ⁉︎」

イブキがそんな記事を読んでいた。


「ほ〜ほ〜CPUはAMDの8コアのやつをべ〜ス、グラフィックプロッセシングユニットにはおなじくAMDのNviセダイのをシヨ〜かぁ〜……」

流出したスペックデ〜タを読みながら『ウンウン』と頷くイブキ。


「さらにプレステ5はVRギジュツにタイオ〜したシステムせっけ〜をしているっ! おぉ! いいね〜フルダイブとかできるよ〜になんのかな〜」

無茶めのスペック要求をするイブキ。


「VRゲ〜ムふえるといいなぁ〜……VRMMOとかもでるといいなぁ〜」

そんな事をいいつつ、


「オンナのコならいちどはいってみたいよね〜」


「これはゲ〜ムであってもあそびじゃない!」

背後に『どどんっ!』という効果音を背負いながら、


「いや、別にそんな事言いたくないケド……」

隣にいた月夜が冷静にそう言ってくるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます