すま~ト。

 いつものバス停にて――


「あの千葉の遊園地がスマ~ト化かぁ~」

 月夜がテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「入園のチケット購入から再入園の確認までスマホでできるよ~にかぁ~。いま再入場のときは手にスタンプだもんね。普段は見えない様になってるケド、スマホで確認できるようになるなならそっちのがいいな~」

そんな事を言いながら、さらに先を読み進める。


「ふ~ん……グル~プLINEで購入してシェアする事も可能かかぁ~。すっごい便利そうっ!」


「月夜ってそんなにあっこいくの?」

 今日もバケツポテト抱えたイブキが尋ねてくる。


「ん~……そ~いえば、中学のとき以来行ってないわね~」

 月夜が記憶を思い起こしながら、


「あっ! ファストパスにも対応してるって、じゃ、スマホ操作だけで列に並ぶ必要なくなるのかな?」


「いやいや。ならびながらスマホでべつのトコのファストパスしゅとくでしょ」


「なんにしてもスマホで全部できるのは便利よね~」


「まあ、それがジャクテンにもなるんだけどね」


「ン? ど~ゆ~事よ」


「スマホおとしたらゼンブおわりってコトだよ」


「あ~……そ~かも?」

 イブキの言葉に納得する月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます