すと~ン。

 いつものバス停にて――


「なんか最近、チ~ズダッカルビ物が多いわよね~」

 月夜がグルメ系アプリの中にある、新商品情報を見ながら、


「韓国でオリンピックやってるから、その影響なのかな? ダッカルビって韓国料理だったわよね?」

 月夜がチキンステ~キや丼、中華まんにもなっているダッカルビの画像を見ながら、


「画像では結構おいしそ~なのよね~。やっぱし一通り食べるしかないかな~」

月夜がそんな事を洩らしている隣では、


「い、いしがおちちゃった……」

 イブキが岩石ばかり映った、斜面の画像を見ながら、そんな呟きを洩らしていた。


「なによ~。この時期に落ちたとか縁起悪いわね~」

 イブキが呟きを耳に入った月夜が、顔をしかめながらそんな事を言ってくる。


「みてよ! ジュケンセ~にニンキのおちないイシがおちちゃったんだってっ!!」


「そうなのっ!?」

 そういってイブキのスマホを奪い取る。


「ホントだっ!?」


「まあ、あんなフアンテ~なかんじでよくいままでおちなかったほうがフシギだよね~」


「今年、祈願にいったひとは不安よね~」


「カイガイとかもガケのギリギリのとことかにあるやつあるよね~。あ~いうのもいつかおちちゃうのかな?」


「そ~かもね~」


「まあ、なんにしてもジュケンセ~のかわりにおちてくれたとおもえば」


「いい感じにしめてわね」

 イブキの言葉にそう返す月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます