せかんド。

 いつものバス停にて――


「二月二二日って『オデンの日』なんだぁ~」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「オデンいいわよね~……コンビニのオデンの魔力は毎回、押さえるの必死よ」

 月夜はレジの近くに置いてあるコンビニオデンを思い起こしつつ、


「まあ、それを計算してあんなトコに置いてんだと思うケド……」

 月夜がそんな風にコンビニ戦略に文句をつけている隣では、


「そ、そうなんだ……」

 テクノロジ~系ニュ~スを読んでいたイブキが驚愕の表情をしていた。


「みてよ月夜」


「ん~?」

 月夜は煮崩れしたダイコンの画像から視線を外す。


「マイクロフトのヒトが、ここ20ネンいないにジブンのジンカクをコピ~したようなAIがでるんだってっ!?」


「へぇ~……」


「なんでそんなにレ~セイなのさっ! ジブンがフタリになんだよっ!! さぎょ~こ~りつとか2バイだよっ! 2バイっ!!」

 イブキは『V』の形に指を立てながら、


「いや、なんの作業効率が二倍になんの? ウチは食べてる牛丼が半分になんの絶対イヤなんだけど」


「う、う~んっと……」

 月夜の言葉にしばらく思案した後、


「ほ、ほら、シュクダなんてハンブンのロ~リョクでかたづくよっ!」


「アンタの場合、AIとどっちが宿題やってどっちがゲ~ムするかでもめそうだケドね」

 月夜がそんな未来を予想するのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます