いちゴ。

いつものバス停にて――


「ブキのニンキランキング? とりあえずはライトボウとカタテケンはしたのほ〜だとおもうけど……イチバンにんきだとなにになるのかな〜?」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜スの中にあった、そんなアンケ〜トを見ていた。


「ソ〜チュ〜コンは9イかぁ〜……ヒカクテキあたらし〜ブキだから、しかたないね〜。イブキさんのアイヨ〜ガンランスはなんいなんだろ? ヘヴィボウガンもきになるトコだけど……」

そんな事を洩らしながら、先を読み進める。


「おっ! たま〜につかいたくなるソ〜ケンは7イ。ガンランスは4イでヘヴィボウガンが3イビミョ〜なイチだな〜ジョ〜イにいるんだけどビミョ〜なジュンイ。2イがスラッシュアクスで1イがチャ〜ジアクスなんだ〜」

イブキがそんな事を言っている隣では、


「高級ホテルのカフェでイチゴフェア? イチゴパフェとかそんなんかな?」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「イチゴとホタテのリゾットっ⁉︎ 米とイチゴ? こっちはイチゴの麺っ⁉︎ シ〜フ〜ドとイチゴのタリオリ〜二っ⁉︎ ウチが思ってたのとなんか違う」

月夜が真っ赤なリゾットとピンク色のパスタの画像を見ながら。


「イチゴはなんにでもあうカワイくっておいし〜ショクザイだから」

イブキがイチゴのフル〜ツサンドを見せながら、そう言ってくるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます