つねづネ。

いつものバス停にて――


「も〜すぐバレンタインかぁ〜」

イブキが寒々い冬の空に白い息とそんな声を洩らした。


「あげる予定の男性なんていないでしょ?」


「う〜みゅ……バレンタインにかんしてはイブキさんちつねづねもらうほ〜がいいかな〜っておもってんだけどね」


「たまにはウチがあげよっか?」


「え〜! 月夜のチョコとかなんか……」


「なによ?」


「ニクはいってそ〜だし……」


「いれないわよっ! そんな勿体ないっ‼︎ チョコいれるぐらいなら自分で食べるしっ‼︎」


「そ〜いわれてみればそ〜かも? でも、ぜったいマズよね?」


「なんかあげたくなくなってきた……ウチだって市販の物溶かして型にハメるぐらいできるわよ」


「でも、メンド〜になってちょっとついてるやつは『オマケだからいいよね?』とかいってカタチがイビツなやつになりそ〜」


「それは――ほら、食べるトコ多いほうが貰ったほうも嬉しいかな〜って……?」


「そゆトコ、オトコっぽいよね月夜」


「べ、別にいいでしょ」


「う〜みゅ……べつにいいんだけど、そんなブキヨ〜な月夜がイブキさんのためにチョコつくってくれるとおもうとなんかうれし〜な〜って」


「そ、そう改まって言われると……」


「あっ! ついでにスタバのバレンタインチョコホリックフラッペもつけて」


「おまえそっちが本命だろ?」

追加注文をしてきたイブキにそう言い返す月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます