みなれたこ〜けイ。

いつものバス停にて――


「そうだ! かりにいかなゃ‼︎」

イブキが大人気ハンティングゲ〜ムのPVを見ながら、決意を籠めた眼差しでそんな事をいう。


「まっててね。モンスタ〜! カリュ〜どオ〜にオレはなるっ!」

背後に『どんっ!』という効果音でつきでそう宣言し家に向かっ――


「いやいや。今から学校だからっ! そんな冒険ロマン漫画のように行こうとしても学校だから!」

雄大な世界に旅立とうとするイブキの肩を『がしっ!』と掴むと、学校を強調するように二回言う月夜。


「え〜! いまのカンゼンにとめちゃダメなフ〜イキだったのに……」


「それを察したから止めたのよ」

月夜は「アンタの扱いなら任せない」といいたげに、


「キョ〜だけはおねがいっ! プレ4はつだし、はやくあのグラフィックでガンランスつかいたいんだよっ!」

このままではダメだと感じ、お願い作戦に切り替えるイブキ。


「あっ! ほらバス来たわよ」

月夜は慣れた手つきでイブキの襟をもってバスの中に放り込む。

運転手はもう見慣れてるのか何事もなく『プシュ〜』という音ととに扉を閉めると、何事もなく発車した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます