りョ〜。

いつものバス停にて――


「ふ〜みゅ……エリッシュデ〜タがオモチャかすうかぁ〜……それならダ〜クリパルサ〜もすればいいのにわかってないなぁ〜」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「ニト〜リュ〜できないとイミないんだよね。ソ〜ドスキルのコ〜カおんとかLEDのひかりとかそ〜いうトコじゃないんだよっ! ニト〜リュ〜できるトコがいいんだよっ‼︎」

イブキがそんな事を力説している隣では、


「一五日限定でうどんチェ〜ンの温たまぶっかけ半額かぁ〜……大盛りでも二五〇円って……一〇杯はいけるわねっ! あぁ……でも花はオデンがおいし〜のよね。丸のほうは天ぷらだけど……」

月夜がそんな事を言いながら苦悩していた。


「あぁ……ウチはど〜すれば……うどんを八杯にしてオデンを食べるべきか、この機を多いに活かすように一〇杯いくべきか……」

頭を抱えるようにしてそんな事をいっている月夜。


「どっちにしても、フツ〜のリョ〜じゃないよね」


「フツ〜の人だってそれくらいいけるわよ。ドンブリを一〇個とか積み上げてのみたことないの?」


「う〜ん……マンガでしかみたコトない」

少し思案した後にそう答えるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます