せ~ケ~。

いつものバス停にて――


「あぁ……ラ〜メン食べたい……」

そんなどこかのラ〜メン好き女子高生のような事を洩らす月夜。


「深夜にあのアニメは反則よね〜。天一行きたくなっちゃたじゃない……あの唐揚げセットが食べたい……」

そんな事を言いながら、こってり濃厚ラ〜メンと唐揚げに真っ白なゴハンといった三種の神器をイメ〜ジする。


「ウチも牛丼大好き月夜さんとかやろっかな?」

そんな三種類ぐらいしかバリエ〜ションの無さそうな事を言っている月夜の隣では、


「にんきアイドルグル~プしょぞくのヒトがセ~ケ~げかでゆ~め~なヒトに「ウチのメンバ~はおせわになっていますか?」とシツモンかぁ~」

 イブキがそんな記事を読んでいた。


「セ~ケ~かぁ~……」

 イブキが意味深にそんな呟きを洩らす。


「アンタ、まさか豊胸とか考えてないわよね?」

 それを見た月夜がそう口を挟んでくる。


「そんなコトしないよ! イブキさんライネンにはキョニュ~になってるハズだしっ!!」

 根拠が全くないのに自信満々でそう言い切る。


「じゃ、どこをイジる気よ?」


「ん~? イブキさんメからビ~ムとかロケットパンチできるよ~になりたんだけど、YESのヒトにたのんだらできるかな?」


「できるワケないだろ!」

 キッパリとそう言い切る月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます