あえテ。

いつものバス停にて――


「人気アニメとコラボした中華まんかぁ〜……」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「チョコ味はど〜かな〜? チ〜ズカレ〜は普通にアリだと思うけど……」

月夜は表面に『の』が書かれた中華まんの画像を見ながら、


「ふ〜ん……いずれにしても食べてみないとね〜」

月夜がそんな事を言っている隣では、


「う〜みゅ……コトシのネンマツのマモノはソシャゲだったか〜……」

イブキがゲ〜ム情報を見ながら、そんな声を洩らした。


「ザッシのキャラをあやつるソシャゲでデ~タやステをふりほ~だいとなっ!?」

 イブキが瞳を輝かせる!


「さいしょはミッションでとれるカイキアイテムがフクス~ニュウシュできるバグからはじまって(メンテあけにカイシュ~orみのがされたカノセ~もアリ)、そのヨクジツにアンゴ~カされてないゲ~ムデ~タをイジるコトでキャラステやカキンアイテムがふやせるとゆ~ウワサがでまわりド~ジにイチマンのHPをもつキャラのガゾ~も……ホント~ならチメ~ショ~だね」


「ウンエ~はっぴょ~じゃ、ジッサイにカキンアイテムのぞ~しょくはカクニンされてないかぁ~……じゃガゾ~とかはテのコンダいたずら? ってコトになるけど……」

 そんな事を言いながら続きを読み進める。


「ケッカテキにはゲ~ムデ~タはいじれない。いろいろなやりかたやアプリがでてるけど、ほとんどがまともにうごかないモノかぁ~……いちれんのソ~ド~をうけてKOTYとはちがうモバクソゲ~にニンテ~された」

 記事を読み終えたイブキは、


「よし! やってみよっかな」


「今の読んであえてやるのっ!?」

 見えてる地雷を大ジャンプで踏みに行くイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます