すたみナ。

 いつものバス停にて――


「ふむふみゅ~……14カにとあるバ~チャロンのタイケンバンかぁ~」

 イブキがゲ~ム系ニュ~スを見ながら、そんな声を洩らしていた。


「おっ! ラスアスⅡのジョ~ホ~でてんじゃんっ!? シアトルがちゅ~しんのスト~リ~になる、ヒロインのママもでる、ゲンジテンのカイハツドは50パ~セントから60パ~セントかぁ~……2018ネンのハンバイはキツそ~……2019ネンのナツごろかな? はやくやりたいなぁ~ゼッタイかみゲ~だよっ!!」

 イブキが瞳を輝かせて、そんな事を言っている隣では、


「豚スタミナ丼っ!?」

 グルメ系アプリを見ていた月夜がそんな声を上げた。


「いいじゃないっ! 一四日の午後からかぁ~……じゅるり」

 月夜は読み込まれた画像を見ながら、


「ニンニクとゴマ風味のタレ、豚肉をいれてタマゴでまろやかさを加えた……あぁ……こんなん絶対おいし~じゃないっ!! さらにネギとキムチを加えたスタミナスペシャルもある……いいわねっ!!」

 そこで隣にいるイブキに、


「やっぱしスペシャルよね?」


「う~ん……イブキさんトレ~ニングがあるから……」

 効率のいい筋肉のつけかたという記事を読みながら、


「こ~ゆ~のを食べてからトレ~ニングしたほうがイイのよ」


「ホントっ⁉ いぐっ!!」

 こうして、またダマされるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます