あおいやツ。

いつものバス停にて――


「からあげのブラックホ〜ル味かぁ〜……」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「うわっ! ホントに真っ黒っ⁉︎」

月夜は表示された商品の画像を見ながら、


「イカ墨はともかく竹炭パウダ〜ってなんだろ? おいし〜のかな?」

レビュ〜を読みながら首を傾げている月夜の隣では、


「ま、まさか……」

イブキがなにやら驚愕していた。


「か、かえってくんだ……ぜんぜんおとさたなかったのに……11がでる……だと……?」


「……プレ4にXバコ、スイッチにパソコンでリリ〜スってほとんどゼンブのハ〜ドでいけんじゃん! こんだけのハ〜ドでハンバイしてもいけるってコトなんだろ〜ね〜a」


「ね〜ね〜なにがそんなにスゴイの?」


「んとね〜ロック――あのアオイロボットがかえってくんだよっ!」


「青い? う〜ん……」

月夜はしばらく考えた後に、


「ドラえもん?」あおいやツ。


「それもアオイけど、ちがう! かたほ〜のウデにジュ〜ついてるアオイロボットっ!!」


「? 空気砲つけたドラえもん??」

青いロボット=ドラえもんな月夜だった。


「だ・か・ら! ドラえもんのじゃないってっ!! たおしたテキのワザつかったり、しぬとき『ティウンティウン』ってゆ~おとともにムス~のひかりになってきえるアノ、アオイロボットだって!」


「ポッケからいろいろだしていろいろできるし、死ぬ時にティ――よくわかんないケド、そんな音もするかもしんないし、青いロボットならドラえもんのでしょ!!」


「もういいやそれで」

 どこまでいっても青いロボ=ドラえもんのな月夜に諦めるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます