ぐりン。

 いつものバス停にて――


「う~ん……プリンまんかぁ~……」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「割とあるのよね~プリンを中華まんの中にいれるやつ。亜種にカスタ~ドクリ~ムまんとかさ、味も悪くないし、そこそこおいし~んだけど…てん」

 そんな事を言いつつも不満顔の月夜。


「でもね~……もうちょっと、お肉よね~……」

 月夜が相変わらずの肉愛を爆裂させている隣では、


「エ~スにガン〇ムよ~のロングレンジライフがフクロでつくっ!?」

 イブキはテクノロジ~→ロボ→ガン〇ムとゆ~妙なル~トを辿ってそんな記事を読んでいた。


「いいね~。キョクチがたのジムがシンカするなかで、あらためてコ~セ~ノ~きのガン〇ムをキョクチセンにカイシュ~したってセッテ~っ!!」

 ロボットのイラストとともにかるく載っていた機体紹介を読みながら、瞳を輝かせるイブキ。


「ん?」

 下記の関連項目のトコロに何かを見つけるイブキ。


「ISE━EBI?」

 宇宙空間の中に浮かんだ真っ赤な伊勢海老の箱――とてもプロモ風の箱を見ながら、


「そんな物でてんのね~」

 それを見た月夜が口を挟んでくる。


「でも海老の模型つくって楽しいの?」


「ん~……これホンモノみたいだよ」


「えっ!? そ~なの??」


「うん。しかもたべれるみたい。サシミがついてきて、レイト~ゆそ~でとどくんだって」


「こ~ゆ~の待ってたのよっ! いいじゃない!! 遊び心がって!!」


「月夜……てのひらグリンしすぎ」

 意見を変えた月夜に呆れ顔でそう言い放つイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます