めりっト。

いつものバス停にて――


「つぎは4カイイキでケッテ〜かぁ〜……でも、ぜんぶダブルゲ〜ジだと8カイイキなみになるなぁ〜」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜スを見ながら、そんな事を洩らす。


「もんだいはナンイドだよね〜……レイテだし、レイテだし――スイライでセンカン、ク〜ボふくむレンゴ〜カンタイたおせとかフツ〜にいわれそ〜。こっちケ〜ク〜ボカンタイでアイテはキチコ〜ク〜たいシエンありのセイキク〜ボキド〜ブタイたおせとか……なんっていってもレイテだしっ!」


「ねぇ」

月夜がスマホ画面を見ながら声をかけてくる。


「ん〜?」


「アンタって何時間も踊ったり、飛び跳ねたりできるってホントっ?」

月夜が『まさか……⁉︎』といった表情でそんな事を聞いてくる。


「うん。むかしのダンスゲ〜ムとかやってると、そんなかんじだから、たぶんス〜ジカンはできるとおもう」

イブキが2000年代初頭に流行ったゲ〜ムを思い出しながら、


「うわ……ウチだったらムネが千切れてるわ」

月夜が自身の豊満なムネに手をあてながら、


「? 月夜だってそんぐらいのタイリョクあるでしょ??」

頭に疑問符を浮かべながら問ひ返すイブキ。


「じ、じゃあさ……仰向けからなんの支障もなしにうつ伏せに移行できるって……ホントなの?」

さすがにそれはありえないよねっといった表情で尋ねる月夜。


「うん〜さいきんはベッドでよくゴロゴロまわりながらスイッチしてるよ――それがど〜したの?」


「アンタ幸運ね」

貧乳で得する人生といった内容の記事を読みながら、そう洩らす月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます