まつリ。

いつものバス停にて――


「ガイコクのヒトに「オ〜マイゴット」をテキセツなニホンゴにするとなんになるかき〜てみた?」

イブキが暇つぶしにそんなど〜でもいい記事を読んでいた。


「フツ〜にかんがえたら、おぉ……カミよ……とか? でも、ニホンジンそんなコトいわないかぁ〜……」

そんな事を言いながら、続きを読み進める。


「ガイコクのヒトはまよったあげくに「マジかっ!」とこたえ――なんかいっきにチャラくなっちゃったなぁ〜」

イブキが少しガッカリしている隣では、


「ねこ祭りっ⁉︎」

月夜がイベント情報を見ながら、そんな声をあげる。


「猫カフェで本物のネコと触れ合いながら、ねこあつめの映画を見るっ! いいじゃないっ!!」

 月夜はそう言いながら、


「腕に一匹、膝の上に一匹、足元にも三匹ぐらい……」

 月夜はすでにネコに囲まれるフォ~メ~ションをイメ~ジしながら、


「数制限ってあるのかな? ウチが全部一人占めしちゃってもいいのかな??」

 そんな事を言いながら、様々な種類のネコに囲まれてもいいようにイメ~ジをする。


「そんなトコに月夜がいったらネコがおびえてダイパニックになるからやめたほ~がいいとおもうケド……」

 イブキのそんな呟きを聞こえないフリをして聞き流す。


「ウチになつき過ぎちゃって帰れなくなったらど~しよっかな~?」


「いやいや。サイシュ~テキにど~やっても月夜にもなつかなくっておミセのヒトがシカタなくネコのヌイグルもってきて、ひっそりナミダする月夜ってテンカイしかソ~ゾ~できない」

 お~むねその通りになってしまう月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます