せ〜そくち。

いつものバス停にて――


「お手軽具材で簡単タヌキ丼?」

月夜はグルメ系アプリの中にあった、そんな記事の見出しを見ながら、ホカホカ御飯の上にデンっ! とのった信楽焼のタヌキ像をイメ〜ジする。


「さすがにそれはないわね〜……」

月夜は頭の中に浮かんだアホなイメ〜ジにセルフ突っ込みしている隣では、


「う〜みゅ……ゲ〜ムずきのオトコのヒトなんてドコにいるんだろ〜?」

イブキがそんな事を呟いていた。


「あっちも同じ事考えてるわよ、ほら――」

そういって月夜は自分のスマホ画面にある「ゲ〜ム好き彼女ってど〜やったらできるの?」とゆ〜スレッドをみせる。


「う〜みゅ……ジュヨ〜もキョ〜キュ〜もあるハズなのに……」

イブキがそんな風に解けない謎を抱えていると、


「簡単じゃない」


「月夜わかんのっ⁉︎」


「アンタ普段どこにいるの?」


「イブキさん? イブキさんはね〜……かえったらまずデイリ〜やってヒガワリと〜バツやってメイキュ〜やってセ〜サンクエの〜ひんして、コンテンツル〜レットいっぱいまわして――」


「わかった、わかった。――で、アンタそれドコでやってんの?」


「ん〜イブキさんのおへやだけど?」


「男性と接点ないよね? って、人との接点ないよね?」


「コ、コンビニいったときに……」


「じゃ、人の会話ないよね? チャットじゃないくって」


「こ、コンビニでストロ~くださいっていったモン! オトコのヒトに」


「家からでない者同士なんだもん、需要と供給があっても成立しないのよ」


「う~みゅ……もう、いっそゲ~ムみたいにアタマのウエに『↓』みたいなアイコンでてゲ~ムのウデマエとかチカラとかスバヤサとかステ~タスがヒョウジされるよ~になればいいのにっ!!」


「頭にアイコン突き刺さってたらもうゲ~ムが趣味確定みたいなモンでしょ!」


「おぉ! じゃこれからオトコのゲ~マ~はみんなアタマにアイコンつきささってるよ~なファッションにすれば――」


「アンタがやんなさいよ」


「はずかしいからイヤっ!」

 自分で言っといてキッパリ拒否するイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます