そらかラ。

 いつものバス停にて――


「おぉ! ノ~ミソとインタ~ネットのチョッケツにセ~コ~するっ!?」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんなマッドな記事に瞳を輝かせる。


「でも、やっぱしやるためにはノ~ミソにチップとかマトリッ〇スみたいにジャックをぶっさしたりすんだよね~……」

 イブキは自分のうなじ辺りにLANケ~ブルをぶっ刺される姿をイメ~ジして身震いする。


「チップもアタマパカっ! してうめこむんだよね……」

イブキは映画ハンニ◯ルのワンシ〜ンを思い出しながら身震いをする。


「おぉ! そ~ゆ~イタいシュジュツなしのヘッドセットがたでセ~コ~したんだっ! これはいいよねっ! ジツヨ~かされたら「いけっ! インタ~ネッツエクスプロ~ラ~っ!」とか「はじけろっ! ファイアフォックスっ!」ていいってアプリそ~さするよ~になるのかな?」

 イブキが偉大な技術を厨二塗れにしている隣では、


「空飛ぶからあげクンっ!?」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事に驚きの声をあげていた。


「どんなカラアゲなんだろ?」

 月夜は一口サイズのからあげが風船のようにフヨフヨ浮いてる姿をイメ~ジする。


「あっ! お店作った出来立てをドロ~ンで運ぶのね」

 月夜は記事を読み進めて自身が思い描いたファンシ~なイメ~ジを消す。


「でも、ドロ~ンで運べる量なんてそんなに多くないんじゃ……」


「月夜がマンゾクするリョ~ってジャンボシェットまんさいでもむつかしいきがする」

 月夜の言葉にそう洩らすイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます