あっぷる。

いつものバス停にて――


「こ、これ絶対ウチ狙いだっ!」

月夜がグルメ系アプリを見ながら、そんな声を洩らす。


「約二キロのピザ……いいじゃない! デッカいは大正義よっ‼︎」

某ピザ屋さんの画像を見ながらテンション高げにそう言っている隣では、


「う〜みゅ……ライシュ〜のキンヨ〜にメンテかぁ〜。サンマイベントそんときかな? サンマイベでプレジデントハンタ〜のアマギリのレベリングでもしよ〜かな〜? なんたって、ケネディだいと〜りょ〜ののったフネをまっぷたつにひきさいたフネだかんネ、きっとかくしセ〜ノ〜あるにちがいないっ!」

そんな事を力説するイブキ。


「ん?」

そのとき下記の関連項目のとこに気がつく。


「ホ〜ムスティしていたガイコクのかたがリンゴアメにゲキギレ? そ、そんな……あんなにおいし〜のに……」

イブキがショックを受けていると、


「そうかな〜? 見た目はいいケド……味はアタリハズレ多い気がする」

と、月夜も否定的だ。


「ちなみにその子はなんていってるの?」


「う~んと……」

 そういわれイブキは自分のスマホ画面を読み上げる。


「みためはカワイイけど、アメはサトウでベタベタだし、なかみのリンゴはパサパサでまったくおいしくない……」


「お~むね合ってるじゃない」


「そ、そんなコトないモンっ! みためカワイイし、ハシささってるし、あまくてベトベトだし」


「褒めてるのよね?」


「う~……」

 自分のリンゴアメ愛が上手く表現できないイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます