くもおとコ。

 いつものバス停にて――


「おぉ!」

 月夜は愛用のグルメ系アプリの中に何かを見つけ、そんな声を上げる!


「こんどの新作は松茸香る濃厚キノコクリ~ム! いいじゃない!!」

 月夜は縦型のカップ麺が写る画像を見ながら、そんな声を上げる。


「でも、カップ麺でクリ~ムって……ラ~メンというよりもパスタに近い感じになるんかな~? あっ! 松茸そのものははいってなく、風味を味付けしたエリンギがはいってる……そっか~そのものは入ってないのか~ちょっと残念」

 ちょっとどころかかなり沈みこんだ月夜の隣では、


「スパイダ~マンかぁ~……」

 イブキがスマホで何かを見ながら、そんな事を洩らしていた。


「ん? そ~いえば最新作やってるわね~」

 イブキの呟きを聞きとめた月夜がそんな事を言う。


「そなの? スパイダ~マっ!」

 イブキは奇妙なポ~ズをしながら、そんな事を叫ぶ!


「なにそれ??」

 首を傾げながら『?』を頭上に浮かべる月夜。


「しんないの? スパイダ~マンのポ~ズだよっ!」


「ポ~ズ? そんなのあったかしら??」


「カイジンとたたかうんだよね~」


「そ、そんな内容だったかしら? 確か盾もった人とモメてあとに豪華客船を一緒に救うとかそなんだった気がしたケド……?」


「そのあとにきょだいロボ『レオパルドン』にのってたたかうんだよね~」


「……なんかウチの知ってるやつと違う」

 頭上の疑問符を増やしながら、そういう月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます