ひがイ。

 いつものバス停にて――


「このまえのダイキボネットワ~クしょ~がい……あぁ……2、3ニチまえにあったねぇ~。ホントなんにもできなくってまいったよ~」

 イブキがテクノロジ~系ニュ~スの中にあった、そんな記事に渋い表情をしていた。


「Twitterでもネットワ~クしょ~がいでシゴトができないってメッセ~ジであふれてたのかぁ~」

 追記を読みながら、そんな事を洩らすと、


「ネットに繋がんないならTwitterもできないと思うケド?」

 隣にいた月夜が当然の疑問を口にする。


「しんないの? 月夜。おシゴトとSNSはベツなんだよ」


「別じゃないでしょ」


「でも、おと~さんやおか~さんはよく『オンゲやりながらカイセンのじょ~きょ~がわるくってゲンコ~おくれません』ってデンワしてるよ」


「それはタダの言い訳でしょ」


「そっか~……でもさ~」


「ん?」


「こんかいのソ~ド~ひがいそ~がくすっごいでたけど、こじんてきにはラッキ~っておもってるヒトもいるよね~」


「すっごい迷惑被った人のが多いんだからそ~ゆ~事は言わないのっ!」

 そういって叱責する月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます