きんシ。

いつものバス停にて――


「牛丼食べ放題っ!」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、有名牛丼チェ〜ン店が行ったイベントの内容にそんな声を上げる。


「牛皿、牛丼、おつまみ、ビ〜ルやドリンクも飲み放題っ! 価格は一五〇〇円っ! アルコ〜ルはわかんないケド、牛丼や牛皿はイイっ‼︎ とりあえず三杯もらって皿で肉のみを味わってみるのもいいわね〜……じゅるり」

月夜がそんな事を言っている隣では、


「チュ〜ガッコ〜でポニ〜テ〜ルがキンシ?」

イブキがTwitterで話題のニュ〜スを見ていた。


「しかもオトコのヒトがヨクジョ〜するってリユ〜でっ⁉︎」

イブキは隣でうなじ丸出しの月夜を見る。


「月夜、オトコのヒトがヨクジョ〜するからやめろって」


「なにそれっ⁉︎ 人を猥褻物みたいの言わないでよっ‼︎」


「うなじがいいんだって。かみがたかえたら?」


「だって、暑いじゃない、首とか蒸れるし」


「それとスケブラもヨクジョ〜するからブラきんしだって」


「……それしてない方が余計、欲情しない?」

変な学校もあるな〜と洩らしてつつ、そう言う月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます