めっせ〜ジ。

いつものバス停にて――


「ゲ〜ムショップがきめたニンキハ〜ドのチュ〜センホ〜ホ〜がツライ?」

イブキがゲ〜ム系ニュ〜スの中にあった、そんな記事に首を傾げた。


「なんだろ? ザンキ1でマリオワ〜ルドクリアしろとかかな? でも、それならイ〜ジ〜ミスにこをつければカンタンかぁ〜……んん……グラディウスやライデンをノ〜ミスでクリアとかかな? いや……キャラものでくるかも? ファミコンのハットリくんやオバQをノ〜ミスクリアならイブキさんでもキツイかもっ⁉︎」

そんな事を呟いた後に続きを読み進める。


「ふむふみゅ……コ~ニュ~キボ~シャど~しでジャンケンしてのこったヒトがコ~ニュ~できる……これのなにがツライんだろ~?」

 いぶきが自分とたいして変わらない背丈の男子小学生に混じって人気ハ~ドの壮絶な争奪戦を繰り広げている姿を想像している隣では、


「ん~……これなかなかおいひ~」

 月夜がベ~コンが巻かれたフランクフルトを食べながら、そんな事を洩らしていた。


「あっ!」

 ちょっとした気のゆるみで巻かれたベ~コンが齧ったトコからほつれ地面に落下した!


「あぁ……ウチのベ~コンが……」

 アブラでテカテカ光ったベ~コンは砂を纏い一見しただけで食べるのは無理なビジュアルと化した。


「月夜もこれかいてみる?」

 そういってイブキは落ちたアイスで書かれた『アイスおちた』との文字を指しながら、


「『肉おちた』って書くの?」


「うん! そのたべてるフランクとのこりのベ~コンのニクジルをつかってねっ!!」


「やんない」

 月夜は残ったフランクとベ~コンを口の中に放りながら、そう答えるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます