せいこ〜りつ80パ〜せんト。

いつものバス停にて――


「ドリンク×バ〜ガ〜がいまの流行り?」

月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「流行ってるかな〜? インスタやツイッタ〜の画像なんかではよく見るケド、実際にやってる人は見た事ないケド〜……」

月夜がストロ〜に串刺しにされたハンバ〜ガ〜の画像を見ながら、


「イブキさんはやったコトあるよっ!」


「へぇ〜」


「なんかサスのクロ〜した。あとはたべにくいケド、ニクとパンがズレなくてよかった。あとたべにくかった……」

よほど食べ難いかったのかもう一回言うイブキ。


「そんなコトより、これみてよっ!」

 そういって掲げるスマホ画面には、


「花火大会での告白成功率八割? へぇ~……そ~なんだ~」

 とくに興味もなさそうにそう言う月夜に、


「そんだけっ!?」

 あまりにも淡泊な反応にイブキのほうが驚く!


「まぁ~……みんなテンション上がってるし、その場の雰囲気で成功率も上がっちゃうんじゃない?」


「もっとくいつこうよっ! 80パ~セントだよ80パ~――もういっしょにいけばカクテ~じゃん!!」

 テンション高くそんな事を力説イブキに、


「その相手がいないじゃないの?」

 月夜の言葉によ~やくその事に気が付くイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます