いつモ……

いつものバス停にて――


「おぉ! これはカッコイイっ!」

イブキがスマホ画面を見ながら瞳を輝かせる!


「アルトアイゼンリ〜ゼのプラモ!」

スマホにはイケメンではなく。デフォルメされてもゴツいロボットの画像がうつっていた。


「ヒュッケバインやグルンガストもいいけど、やっぱしアルトがイッチバンすきだな〜」


「SRTみたいにヴァイスとガッタイするとおもってたんだけどなぁ〜……」

イブキがそんな事を言っている隣では、


「んんっ⁉︎」

月夜がスマホ画面をみながら、そんな声を洩らす。


「なんか……LINEから食べ物進められるんだケド……」

そういいながらスマホ画面を見せてくる。


「あ〜なんかそ〜ゆ〜サ〜ビスはじまったみたいね」

月夜のト〜クを見ながら、


「なんかギュ〜ドンやピザやさんがハイタツしてくれるらし〜よ」


「そんなんやってんだぁ〜」


「――に、しても月夜。「はらへった」いいすぎっ!」

イブキは食べ物屋のデリバリ〜サ〜ビスでうまったスマホ画面を見ながら、呆れ顔でそういうのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます