の~べるしョ~

 いつものバス停にて――


「回転寿司チェ~ンが北京ダックをのっけた創作寿司とウナギを使ったスタミナ寿司フェアを開始っ!?」

 月夜がグルメ系アプリの中にあった、そんな記事に喜びの声を上げた!


「北京ダックは食べた事ないケド……ウナギ寿司はおいしそ~。ウナギの茶わん蒸しとか絶対おいし~やつだよっ!」

 月夜がそんな感じに喜んでいる隣では、


「こ、これは……」

 イブキがスマホ画面を見ながら、驚愕の表情で呻いていた。


「これがジジツならすっごいよっ! ノ~ベルしょ~モノだよっ! イブキさんもこじんてきにショ~サンするからノ~ベルイブキさんショ~だよっ!!」

 なぜか一気に格式が落ちた気がする謎の賞の名前を口にしながら、


「ねね、月夜。これしってるっ!」

 一気に高まったテンションのまま月夜に話しかける。


「ん~?」


「タンンサンのペットボトルをハンタイにしてフタのほ~をしたにするとフタをあけたときにタンサンがぬけないんだってっ! すごくないっ!! いつでもシュワシュワなんだよ!」

 イブキが宇宙の真理を発見したかのような調子でそういう。


「……残念だケド、この某飲料メ~カ~の話しでは……その話しウソよ」

 月夜の言葉にムンクの叫びのようになるイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます