たんじょ~ひワ。

 いつものバス停にて――


「へぇ~……そ~なんだ~」

 月夜がグルメ系ニュ~スを読みながら、感心したような声を洩らす。


「マヨネ~ズ容器にそんな苦労があったのかぁ~……」

 月夜の声を聞きつけたイブキが、


「なに? ど~したの??」

 イブキが首を傾げて聞いてきた。


「えっとね~……マヨネ~ズの容器あるでしょ?」


「うん」


「あれって出てくるトコが☆のカタチになってるでしょ?」

 そう言われてイブキは脳裏で赤いキャップの容器を思い起こし……。


「あっ! なってるカモっ!!」


「あれって昔はちゃんと〇だったんだケド、それだと使用後にこびりついてベチャベチャになったりして衛生的に問題がでてたんだって」


「へぇ~。むかしは☆じゃなかったんだぁ~」


「んでね。なんとかできないかな~ってかんがえまくって……」


「ついにおもいついたんだねっ!」

 先をひったくるようにそう言うイブキに、


「違うわ。もうホントなんにも思い浮かばなくてノイロ~ゼになって自殺一歩手前まで病んじゃたんだって、そんなある日、散歩してたらワンコを散歩させてる人が目にはいって――」


「ふむふむ」


「そのままボ~と見てたらワンコがフンをしだしたんだって、でねそのあまりのキレ~な出方に――」


「うん。も~いいや」


「そう? こっから核心部分なんだけど……」


「それをきいちゃうとマヨネ~ズたべれなくなっちゃうから」

 先を予想してそう言うイブキだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます