あイ。

 いつものバス停にて――


「う~みゅ……ナツイベってだいたい8ガツの10カぜんごがマイトシのケ~コ~だけど、コトシはヒトツキいじょ~まえからコクチ……これはなにかアルなっ!」

 イブキがアゴに手をあて、そんな事を呟いている隣では、


「あなたのハンバ~ガ~愛が試されるイベントっ!?」

 月夜がグルメ系ニュ~スの中にあった、そんな記事に喜びの声を上げていた。


「まさにウチのためにあるよ~な企画じゃないっ! しかも新商品の半額ク~ポンまでもらえるなんてっ!!」

 記事を読み進めながら、テンション上げていく!


「まずは――バ~ガ~診断と連携アプリを認証させって――っと」

 月夜はスマホを操作する。


「これでヨシっ!――っと」


「あぁ、月夜」


「ん~?」


「それニセのサイトなんかでてるらし~よ」


「そうなのっ!?」


「うん。ほら――」

 そういってスマホ画面を見せてくるイブキ。


「ね」


「大丈夫っ! ウチのハンバ~ガ~愛はそんなモンに引っかからないからっ!!」

 ものすごい自信満々にそう言い切る月夜。


 夕方にはなりすまし被害に遭い、イブキに泣きつく事になる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます