ふらぐかんリ。

 いつものバス停にて――


「一〇年以上前に未完のまま終了したあ漫画、制作再開のためにクラウドファンディングで資金を募集か~」

 月夜はなぜかきになった、そんな記事を読んでいた。


「1996年から連載開始ってウチが生まれる前なのに、なんか知ってる気がすんのよね~……」

 眉間にシワをつくって記憶の中を探る。


「そ~いえば……家の本棚で見たような~な~……? 家族の誰かが昔読んでいたのかな? でも、一二年の前に休止した漫画を復活させんのは大変だろ~な~。クラウドで資金調達ってファンから直接もらうワケだし……プレッシャ~凄そう」

 そんな事を言っている月夜の隣では、


「シボ~フラグかいひけんて~?」

 イブキがそんな内容のニュ~ス記事を読んでいた。


「マンガのシ~ンでど~すればシボ~フラグをカイヒできるかセンタクシのなかからえらぶテスト。ふ~ん……そんなんあるんだ~」

 イブキが感心したように洩らす。


「そんなん受けてど~すんのよ?」

 月夜がそう口を挟んでくる。


「えぇ! シボ~フラグかいひできたらフジミじゃん!」


「どんだけフラグ万能なのよ!」


「ふふん。フラグかんりできたらどんなコトでもできんだよっ!」


「まあ、ゲ~ムの中ではね~」

 そういって流す月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます