しんじゃんル。

いつものバス停にて――


「う〜みゅ……コンゲツのランカ〜ホ〜シュ〜はアメリカのヒコ〜キかぁ〜……タイク〜10なんだ。ヘルキャットにしてはひくいよ〜な? フォッケウルフよりはつよいとおも〜けどなぁ〜……F4コルセアのほ〜はイワイさんよりつよめなのになぁ〜……まあ、どっちのカイシュ〜まちかな?」

イブキが予備のスマホでゲ〜ム画面を見ながら、そんな事を呟いていた。


「それよりも、やっぱしこれはサラトガのカイニふらぐなんかな? そしてコルセアのほうにいるヨ〜セ〜さん――」

言いながら、スマホ画面を食い入るように見つめる。


「さいしょシロ、カイでクロ。つぎのカイニでシロクロのシマシマかな〜ってウワサあったけど……」

白と黒のシマシマ模様ワンピを着た妖精の姿を見ながら、そんな事を言っているイブキの隣では、


「ライトノベルとVRを融合させた新ジャンルの登場?」

月夜がテクノロジ〜系ニュ〜スの中にあった、そんな記事を読んでいた。


「まるで自分が主人公になったかのような没入感が売りかぁ〜……う〜ん……文字媒体だからこそ読者が好きに想像できる余地があるのにVRでしかも声優つかった音声までついちゃうとど〜なんだろ?」

そんな疑問の声を口にすると、


「ホラ〜ならありかもね〜」


「そっかな〜?」


「月夜がバスて〜もっておっかけてきたら、みんなにでるとおも〜うよっ!」

自信満々にそう言い切るイブキ。


「ウチってジェイソンみたいなポジションだったのっ⁉︎」

認識される立ち位置に驚かされる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます