はんにン。

いつものバス停にて――


「へぇ〜……」

月夜が手に痛々しく巻かれた包帯に四苦八苦しながらスマホを操作していた。


「スシロ〜が一皿九〇円かぁ〜……」

グルメ系アプリの中にあった、そんな記事になぜか月夜の表情は優れなかった。


「いま安売りとかは〜……」

月夜は手全体を包む包帯に視線を向けながら、指先だけでた箇所でスマホいじる。


「う〜ん……なんだろ〜なこれ?」

その隣では、イブキがスマホ画面に写した画像を見ながら首を捻っていた。


「ね〜ね〜月夜。これなんだとおも〜う?」

考えに詰まったイブキが月夜に尋ねる。


「――っ⁉︎ な、なにこれ⁇」

手が痛んだのか、包帯の巻かれた手を押さえながら、


「んとね〜……キノ〜きんじょのス〜パ〜にいったらソ〜ザイこ〜な〜のトコに5このアナがあったの……」

イブキの画像は、その様子を撮ったもので手前に揚げ物と思われる惣菜、奥は鏡になっており、そこには人の指の間隔で空いた穴が残っていた。


「ど〜したらこんなアトはのこんだろ〜?」


「そ、そ〜ね。あっ! ほら。奥の鏡に写った惣菜を取ろうと思ったんじゃない?」


「え〜! フツ〜てまえのやつからとんない?」


「うっ! そ、それは……」


「だいたい、フツ〜のヒトだったらつきゆびしちゃうよ! モノとろ〜としてのばしただけなんだ……もん……? あれ? そ〜いえば月夜、テをケガ……」


「あっ! バス来たわよっ! ほら、行くよ」

そういって強引に話しを切り上げる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます